板橋区の歯医者『廣瀬歯科医院』は、大山駅近くで大谷口、千川、小茂根、小竹向原からもアクセスしやすく、日曜診療も行います
24時間歯科予約受付

廣瀬歯科医院ロゴ

板橋区の歯医者『廣瀬歯科医院』大山駅近くの歯医者さんです

03-3959-4127/日曜診療/2台駐車場あり
テキストサイズ変更
歯列矯正ORTHODONTIA

インプラント治療とは、歯を失った部分にチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込もことで、再び噛む機能を回復させる治療のことを言います。今までは歯の無い部分への治療法はブリッジや入れ歯のみでしたが、インプラントは新しいアプローチの治療法となります。入れ歯ではガタつきがあり、装着感に違和感が生じたり、食べたくてもなかなか自由に食べれないものが多かったのですが、インプラントは天然の歯と変わらないほどの噛み心地を得られます。またインプラントはそのもの自身が単独で歯を支えますので、ブリッジのように隣の健康な歯を削る必要がありません。一本から多数歯でも治療が可能となります。付け心地も気にならず、自然な歯に近い美しい審美性があります。
インプラントは、生体組織に最も影響を及ぼしにくいチタンでできています。そのチタン製のインプラントを顎の骨に埋め、治療後2~6ヶ月程度でまわりの骨と結合し、自然の歯根のような土台になります。
インプラントの治療には、身体状態などによって治療が不可能な場合もありますので、医師との十分な打ち合わせ・カウンセリングが必要となってきます。 『インプラント』にご興味がございましたら、まずは廣瀬歯科医院にお気軽にご相談ください。

インプラントのメリット

◎ 以前のように楽しい食事ができるようになります。
◎ 見た目も自然の歯とほとんど変わりません。
◎ 自然な歯と同じような噛み応えが得られます。
◎ ブリッジなどと違い、健康な歯を削る必要がありません。
◎ 入れ歯とは違い、ガタついたり、外れる心配がありません。
◎ 歯がない部分に何本からでも治療が行えます。

インプラントのデメリット

◎ 手術をしますので、長い治療期間が必要となります。
◎ 歯周病が対敵になりますので、定期的なメンテナンスが必須となります。
◎ 糖尿病・骨粗しょう症などの全身疾患がある場合、治療が出来ない場合があります。
◎ 現在では、保険適用外の治療となります。

インプラント治療の流れ

imp_images_21

歯科口腔外科

imp_images_3
歯や歯茎の病気のみに関わらず、口腔を構成する組織、頬や舌、顎、くちびるや目に見えない口の中の組織部や骨などの病気の治療を口腔外科では行います。
治療法としては外科的な治療が多くなってきます。大きな病気になると口腔の腫瘍の治療などもありますが、顎の骨の骨折や顎関節症、親知らずや口内炎の治療など軽度なものもあります。主な疾患として、親知らず、口内の裂傷・火傷、顎変形症、顎関節症、歯牙移植、良性、悪性腫瘍、顎の骨折、口腔粘膜疾患、外的な力による歯の破折、唇顎口蓋裂などがあり、インプラント治療も口腔外科の一つです。
ただし、当医院で治療が難しい症例または専門医の対応や判断が必要な場合は、大学病院もしくはその他の医療機関に紹介し連携を密にとり対応させていただきます。