板橋区の歯医者『廣瀬歯科医院』は、大山駅近くで大谷口、千川、小茂根、小竹向原からもアクセスしやすく、日曜診療も行います
24時間歯科予約受付

廣瀬歯科医院ロゴ

板橋区の歯医者『廣瀬歯科医院』大山駅近くの歯医者さんです

03-3959-4127/日曜診療/2台駐車場あり
テキストサイズ変更

「日本人の歯が痛い時に歯医者さんに行く」というのはヘン???

 

タイトルを見て「えっ!?何を言ってるの???」と思われる方が多いのではないでしょうか。

 

日本と外国では、歯医者に対しての意識にかなりの違いがあります。

 

「歯が痛くなった時に歯医者さんに行く」日本人からすると当然すぎる話です。

しかし、世界ではこの考え方は間違えたものとしてされています。

世界ではどうなのかというと

歯が痛くなった時に行くのでなく、「歯が痛くならないために行く」と認識されており

つまり

「歯医者さんには、定期的にケアを行う場所」と考えられているようです。

 

以前、アメリカの知人から

「日本の総理大臣はなんであんなに歯が汚いんだ!

日本人は、歯のケアをしないのか?」

と言われてしまったことがあります。

どの総理大臣かは伏せておきますw

 

この言葉からも、「日頃から歯医者さんに通う」という文化がない日本は非常に珍しいといことが伺えます。

 

アメリカは、日本と保険制度が異なり

国民医療保険がなく、歯科治療はかなり高額になってしまうので

余計に歯にたいしての意識が強いという背景もあるでしょう。

 

ただ

歯周病で取り上げみると

歯周病というのは、ゆっくり静かに歯の周りの骨がなくなっていく病気です。

本当にゆっくりなので、体が異変に気付かず、「痛い」という症状で警告を出せません。

「歯ぐきが痛くて腫れました」と来院されてレントゲン撮影を行ってみると

骨がザックリなくなっていて、抜歯しかないということが、本当によくあります。

これは無くなってしまった骨は、残念ながら元通りに戻すことはできないからです。

このようなことからも、やはり日頃の口腔ケアが必要で、痛くなってからでは遅いのです。

 

いかがでしょう?

なんでもないときは、なんとなくめんどくさかったり、大丈夫でしょ。。。と思ってしまうところもあるでしょうが

そこをちょっとがんばってみると

自分の歯でずっとご飯を食べて、健康で楽しい人生を過ごすことができますよ!

 

歯医者に行く概念を

「歯が痛くなった時に行く」から「歯が痛くならないために行く」ところへと変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

板橋区 大山、大谷口、千川、小竹向原、小茂根の歯医者

廣瀬歯科医院